いのちの日いのちの時間東京2009

自死者追悼法要『いのちの日 いのちの時間 東京』2009年の様子

2009年12月1日(火)、午後6時より、青松寺・本堂において、自死者追悼法要「いのちの日 いのちの時間 東京」を開催しました。
大切な方が自死で亡くなった経験をもつ方々にお集まりいただき、仏さまの前に座って“いのち”を見つめる時間を一緒に過ごしました。
(※当日、マスコミの取材はすべてお断りしました。)

1.ライトバルーンがお出迎え

会場の曹洞宗青松寺(東京都港区愛宕)の境内には、優しい光を放つライトバルーンが並び、参列者を出迎えてくれました。
風に踊る姿にいのちの揺らぎを感じ、まるで亡き人がこの場所に一緒にいてくれるみたいという声もいただきました。 

2.法要の開式

3.一緒に法要をお勤め

4.メッセージのお焚き上げ