自死・自殺に向き合う僧侶の会  自死・自殺に向き合う僧侶の会

前の月 2020年3月 次の月


  
(2020年3月1日更新)

さえずり
雨宮 昭夫     
さえずりa





寒い寒いといっているうちにも庭に変化を感じることがあります。
種蒔き用に掘り起こした土の上に鳥が一羽止まりました。
作業する私のすぐ近くで逃げもせず、何かを探しているのでしょうか。

今はまだ鳴けなくとも、
誰にも気づかれることのないその時期が過ぎ去り、
いつかさえずる声が聞ける日を待っています。
さえずりb



  
(2020年3月15日更新)

思い込み
原田 慈縁     
      先日、ふきのとうの天ぷらをいただき、
      春の訪れと苦みが入りまじったおいしさを
思い込み       味わった。
      子どもの時は、『苦くておいしくないなぁ』
      と思って、避けていた「ふきのとう」。
      大人になっても、何となく避けていた。

      諸行無常

      改めて、私の味わい方も変化していることに
      気づかせていただいた、一皿となった。

◇◇


Copyright (C) 2012 自死・自殺に向き合う僧侶の会 All Rights Reserved