自死・自殺に向き合う僧侶の会  自死・自殺に向き合う僧侶の会

前の月 2020年1月


  
(2020年1月1日更新)

あしあと
稲葉 善来        

振り返ると
足跡が続いている。

楽しかった、嬉しかった、弾むような足跡がある。
苦しくて、切なくて、一歩も進めなかった深くて悲しい足跡もある。

悲しみの中で、大きな喜びがあることを知った。
喜びも、苦しみも、私とともにある。

私の前にはまだ何もない。

一歩踏み出す。
新しい確かな足跡をつける。

あしあと

  
(2020年1月15日更新)

耐雪梅花麗
色摩 真了        

耐雪梅花麗
菩薩とは、あらゆる苦しみに向き合い
誰もが幸せになれますように、懸命に生きる存在だ。
梅の花が寒さをその身に受け、美しい花を咲かせようとするように、
菩薩もまた厳しい日々を重ねて進むべき道を歩む。

だから
菩薩とは梅の花のことで、
菩薩とは「あなた」のことだ。


◇◇


Copyright (C) 2012 自死・自殺に向き合う僧侶の会 All Rights Reserved