自死・自殺に向き合う僧侶の会  自死・自殺に向き合う僧侶の会

前の月 2018年12月 次の月


(2018年12月1日更新)

ガンジスのほとりで
石井 遊佳

                 「聖地」の意味のサンスクリット語〈ティールタ〉は、
                 〈渡る〉の意味を潜ませる。

                 歩いて渡れる浅瀬ティールタで、
                 人々は沐浴し、
                 その地は彼岸に渡る聖地ティールタとなる。

                 どんなに深く流れの早い川にも、
                 必ずゆるやかな浅瀬はある。

                 あなたのほほえみで、誰かが今日を、渡りきる。
                 誰にでもある、それぞれのティールタ。
ガンジスのほとりで


(2018年12月15日更新)

  生きよう
前田 宥全
生きよう

    楽しい幸せなはずの人生が、
    気が付けば考えもしなかったぽつねんとした日々。

    けれど、孤独も、葛藤も、遅すぎる時の流れも、
    「そういうものだ」としなやかに受け止め、
    その身を善く活かしきると決めたなら、

    あなたは今を生きられる。
    明日はあなたに微笑みかけてくる。

    ぽつねんとした日々。
    それが人生、それが生きるということ。


◇◇


<
Copyright (C) 2012 自死・自殺に向き合う僧侶の会 All Rights Reserved