自死・自殺に向き合う僧侶の会    自死・自殺に向き合う僧侶の会
ト ッ プ めざすもの 会の概要 活動内容 最近の話題 あなたに
     ┗ 手紙相談 / 分かち合い / 追悼法要

◆ 自死者追悼法要『いのちの日 いのちの時間 東京』2015年の様子

2015年12月1日(火)、午後4時より、
東京都文京区にある真言宗豊山派大本山「護国寺」において、
自死者追悼法要「いのちの日 いのちの時間 東京」を開催しました。
大切な方が自死で亡くなった経験をもつ方々にお集まりいただき、
仏さまの前に座って“いのち”を見つめる時間を一緒に過ごしました。  
(※当日、マスコミの取材はすべてお断りしました。)

1.会場は真言宗豊山派「護国寺」
護国寺


今回で9回を数える「いのちの日・いのちの時間」は東京都文京区にある真言宗豊山派大本山「護国寺」を会場に開催されました。
晴天に恵まれ、大勢の皆様がご参拝くださいました。 仏さまに抱かれるようにゆったりと流れる「いのちの時間」を、亡き方々と共に過ごしていただきました。
2.宗派を超えて集まった僧侶たち
宗派を超えて集まった僧侶たち

僧侶スタッフは約70名。
法要・案内・受付・茶話会など仕事を分担して臨みました。
3.法要のお勤め
護国寺で法要

亡き方のお名前を読みあげ


真言宗の声明と御詠歌に乗って、厳粛な法要が営まれました。







法要参列者は133名。ゆっくりと亡き方と向き合う時間を過ごしていただきました。


法要中、お焼香をして亡き方への思いを届けていただきました。
4.茶話会と法話
茶話会


法要後、白いライトバルーンに送られて茶話会会場に移動。
「茶話会」では、法要の感想などをのべながら過ごしていただきました。

法話は、法要前に、導師を勤めた真言宗の市橋師がなさいました。
5.写経とメッセージを後日お焚き上げ
写経とメッセージをお焚き上げ

法要中に読み上げをして、亡き方々にお届けした「写経とメッセージ」は、後日読経しながら、お焚き上げをさせていただきました。
これまでに開催した自死者追悼法要の様子は次のページをご覧ください。


Copyright (C) 2012 自死・自殺に向き合う僧侶の会 All Rights Reserved