いのちの日いのちの時間東京2008

自死者追悼法要『いのちの日 いのちの時間 東京』2008年の様子

2008年12月1日(月)、午後6時より、築地本願寺・蓮華殿において、第2回 自死者追悼法要「いのちの日 いのちの時間」を開催しました。
大切な方が自死で亡くなってしまった経験をもつ方々にお集まりいただき、仏さまの前に座って、「いのち」を見つめる時間を一緒に過ごしました。
(※当日、マスコミの取材はすべてお断りしました。)

1.開式直前の会場の様子

アーティスト平野治郎氏によるライトバルーンと蓮華のキャンドルで会場内を荘厳しました。
法要に参列するご遺族には、亡くなった方を身近に感じてもらい、ゆったりとした気持ちで、その時間を過ごしていただこうと思い、準備したものです。

2.屋外の様子

3.開式前、整列した僧侶

4.雅楽の調べで入堂

5.お焚き上げ

6.法要後に茶話会

7.僧侶の会とスタッフ